TEL:093-873-6116 FAX:093-873-6117

〒804-0061
福岡県北九州市戸畑区中本町8-14
FARO戸畑駅前ビル4階

新患の方へ 初めて受診される方は、来院前に必ずお電話にてご連絡をお願いします。

福岡県北九州市の心療内科・精神科/うつ病/カウンセリング/ストレス/治療/PTSD/睡眠時無呼吸症候群

EPARK インターネット受付可能
  • お知らせ
  • 初診の方へ
  • よくあるご質問
  • 医師のご紹介
  • 当院のご案内
  • 交通案内
  • 診療案内
  • リンク集
  • 症例集
  • トップページ
  • 院長日記
Mobile Site

PTSD

PTSD(心的外傷後ストレス障害)

PTSDは、通常命に関わるような事故、災害、犯罪に巻き込まれたり、命に関わらないにしても肉親や知人の死を目撃するなどの激しいストレスを受けた後に発症する症状です。
自分の受けたストレスを思い起こさせるような人物や場所を回避したり、時には社会とつながり合うこと自体に不安を感じて自分の中に閉じこもってしまうようなことがあります。未来に関する希望を失って抑うつ的になり、愉しさや喜びを感じることもできないような失感情状態になることもあります。時に生々しいイメージが予想もしない状況で圧倒的な強さで出現するフラッシュバック現象も症状の一つです。
精神が常に緊張した状態で、警戒状態に入ったままリラックスできないような状況が続くため睡眠がとりにくくなり、悪夢が増えてきます。周囲の人間の動きに敏感になり、大きな物音や急激な環境の変化に激しく動揺したりすることも起きてきます。
以上のような症状がストレスイベントからかなり遅れて生じるようなこともあり、1ヶ月以上続くようなときにPTSDの診断が可能になります。

とはいえ、同じようなストレスにさらされた人すべてにこのような症状が現れるわけではありません。症状がでる人、でない人の違いがどこにあるのかはまだ明確ではありません。
不幸にもこのような症状が出現した人に対して、性格が弱いからであるという批判がなされることもありますがこれは完全な間違いです。これを理解しておくことは、この症状と向き合う上で大変重要なことです。

また、この症状は病気というよりは、大変理にかなった生理的な反応と言えます。なぜなら、回避したり、精神を緊張状態においたりするような反応は同じようなストレスに二度と遭わないようにするためにある意味で非常に合理的であるからです。
つらいけれども生き延びるために必要な能力を、生まれながらにそなえているとも言えるでしょう。そう考えることも大事なことです。

Page Top