TEL:093-873-6116 FAX:093-873-6117

〒804-0061
福岡県北九州市戸畑区中本町8-14
FARO戸畑駅前ビル4階

新患の方へ 初めて受診される方は、来院前に必ずお電話にてご連絡をお願いします。

福岡県北九州市の心療内科・精神科/うつ病/カウンセリング/ストレス/治療/PTSD/睡眠時無呼吸症候群

EPARK インターネット受付可能
  • お知らせ
  • 初診の方へ
  • よくあるご質問
  • 医師のご紹介
  • 当院のご案内
  • 交通案内
  • 診療案内
  • リンク集
  • 症例集
  • トップページ
  • 院長日記
Mobile Site

パニック障害

パニック障害について

パニック障害は不安障害のひとつで、急激な不安、呼吸の苦しさ、めまい、意識の変容感、このまま死んでしまうのではないかという感覚が、多くは予想もしない時や場所で出現するものです。 この発作は当人にとってはあまりにも急激で、予想外であるために、その後また同様の症状が起きるのではないかという不安感につきまとわれるようになり、外出をすることや日常生活をおくるのさえ不安と困難を感じるようになることもあります。特定の場所(電車や高速道路)で、このような発作がおきることもあり、このような場合は特に広場恐怖症とよばれます。

救急受診をされる方も多いので有名な疾患ですが、大事なことはまず病気の知識を増やすことです。 苦しくても死ぬことはない。発作は長くても5~10分で沈静化していくということがまずは大事な知識でしょうか。

この症状を感じる方には、精神的緊張に長期間さらされていながら、ご本人はそれがあまりにも普通の状況になってしまっているため、そのことに気づいていないこともあるようです。

発症するまではそのような状況を自力で乗り越え、自分自身をコントロールてきた方が多いので、自分にそのような制御困難な「発作」がおこったことに強いショックを感じて、自分を見失いそうな不安を抱いている人にもお会いします。

一つ記しておきたいのは、私自身はこのような症状の出現を「病気」「障害」としてとらえるべきなのかどうかいまだにまよっている部分もあるということです。困っていることだからそれは問題であって病気であると考えるやり方ももちろん否定はしません。
ただ、受診をして症状とその背景の説明を受けるだけでも、おちつきました、と述べられて後はなんとか自分で対処できそうですとかえられる方もおられます。

それはそれでいいことですし、「病気」がなおっているかどうかわからないからもっと通ってくださいということも言いません。

ここで、医者にかからないですむ程度の人であったのだから「病気」ではなかったと言っていいのかどうかも私にはよくわかりません。そこをつきつめると「病気とか障害とはなにか?」とかなんとかいうわけの分からない話の森に迷いこんでいくのでひとまずはこれ以上は深追いしないようにしています。
(このような言の意味に関する議論は個人的には嫌いではありませんが)

ただ、このような発作を起こした方が抱えてきていた精神的な緊張はどこからきていたのか、何かしら理由があって社会とそのような関係を作ってこなければならなかったのかということは、何となく気にはなります。ご自身もそのようなことを何となく気にしはじめて、何となく理由を知りたくて通院を続けられる方もおられます。

仮に理由がわかったとしても、それと症状を「病気」として治療を行うことはまた違った問題でしょうし、当初のご相談からはかなり離れたものになっていくでしょう。
まあ、とにかく医師としての私はまず来院された方々が「困った」とそうだんされることを「困らない」ようにすることを目標に全力を尽くします。

このようなことを書いてしまうからでしょうか。お前ら精神科のやっていることは「科学」ではないなどと他の科の先生方からお叱りを受けることもあります。
…はあ、すみません。と、心の中で頭を下げながら今できることに一生懸命になることしか今の私にはないようです。

Page Top